2018年3月8日収納の話

子育てママ・スタッフ山口が実感した!収納の大切さ|岡崎市の注文住宅ならユートピア建設

ユートピア建設の間取り設計を担当する、山口玲以子です。建築士・インテリアコーディネーターとしてマイホームのお手伝いをしています。

私は、小学校1年生の双子の息子、3歳の双子の娘を持つ4児の母です。小学校にあがった息子たちですが、ランドセル、教科書や学校からもらってくる書類の多さなど、改めて“収納”の大切を日々体感している毎日です。今回は、私の体験もふまえて「収納」についてお伝えします!

マイホームを検討している人にぜひ知って頂きたいのが、「家づくりはイメージだけで造らないこと」です。どうしても、家づくりは見た目やイメージが先行してしまいがちですが、現状の暮らしをきちんと把握することが一番なんです。

例えば、家を建てるタイミングで、「将来、子どものランドセルや教科書はここに置く」といったことを決めた方がよいでしょう。まだお子さまが小さく、小学校のことは考えられない・・・。と思っている人は、ぜひオモチャ置き場をイメージすると◎。オモチャ置き場→ランドセル置き場→カバン置き場というように、1つの収納スペースで循環できる場所を設けるのがベストです。



また、お子さまが低学年の頃は、ママは勉強のお手伝いをすることも多々あります。ダイニングテーブルでその様子を見ながら、または家事をしながらが一番なので、キッチン周辺に勉強するスペースを設けるのもおすすめです。その他、我が家では習い事に通わせているので、子どもの動線を考え、玄関に習い事カバン用の収納を設けました。

こんな家に住みたい!というデザインイメージはもちろん大切ですが、現状の暮らしを把握しながら、自分や家族が日頃どんな行動をしているかを考えながら、収納場所や間取りを設計すると良いですよ♩

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア

  • はじめて家を建てる奥様へ
  • 土地を探す時最初に読む本
pic_01

お問い合わせはこちら

お電話による相談やメールによる相談も承っています。お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:0564-26-3890 TEL:0564-26-3890 営業時間:10:00〜17:00 水曜定休

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop