U-Smart2020のQ&A
お客様よりいただいた質問の回答を
ご紹介致します。

外観編

ユートピア建設の設計コンセプトを教えてください。

ユートピア社員たち A

当社は設計コンセプトとして、「省エネ・防災・耐震・高資産価値・全エネルギーインフラ対応型」の5つの約束を掲げています。住んでから、安心・安全に暮せ、未来にまで目を向けた家づくりが私たちのモットーです。

夏涼しくて冬暖かく暮らすにはどうすればいいですか?

U-Smart2020 A

夏の厳しい陽射しを遮り、冬の温かい陽射しを建物の奥まで届ける。自然の特性を上手く利用した設計法(パッシブ設計)を採用しております。また、外気の影響を一番受けやすい窓に注目し、3枚ガラスのオール樹脂サッシを標準採用。年中快適に暮らせる高気密・高断熱の住宅です。

玄関編

下駄箱は何を基準に考えればよいですか?

玄関 A

4人家族の場合、家族みんなの靴の数は通常80~100足あります。それだけの靴を収納するのに一般的な下駄箱だけでは足りません。
当社ではシーズンごとに靴を衣替えできるように、下駄箱ではなく80~100足収納できるシューズクローゼットを標準にしています。

室内編

LDKでこどもが勉強をすると良いときいたのですが本当ですか?

LDKで勉強する子供 A

有名私立大学に現役合格した方は、勉強をLDKでされていた方が多いというデータがあります。そういったことから、当社ではLDKの周りに勉強スペースを標準で設けています。

冬リビングにしっかり陽を入れる設計にしたいのですが、可能ですか?

お日様照明のある部屋 A

可能です。昼間電気をつけなくてもしっかり光を取り入れるために、吹き抜けに明かり取りの窓を標準採用しています。当社ではこの窓を「おひさま照明」と呼んでいます。また、吹き抜けはエアコンからの空気が混ざり合う場所(エアロード)となっており、常時1台のエアコンで快適な温度をムラなく各部屋に届けます。

家事をしやすくしたいです。工夫できますか?

キッチン A

可能です。当社の設計コンセプトではキッチンをできるだけ間取りの中心に配置し、そこから歩数の少ない動線で水廻りを配置しています。ママが家の中心にいることで、いつも家族の様子が見渡せます。また、洗面化粧台とは別に、つけ置き洗いの出来る多目的流し(SK)も標準装備にしています。

室内干しで夜干して朝乾きますか?

室内干しされた服 A

朝までに乾きます。当社の第一種熱交換換気システムでは2つのモーターが季節ごとに温度と湿度と気圧までを同時に電子制御しています。その結果、室内をムラなく快適な温度・湿度にし、圧力によって、きれいな空気で満たされた空間を安定して保つことができます。湿度調整しているため洗濯物も効率的に乾きます。

エネルギー編

蓄電池を選ぶポイントはなんですか?

蓄電池 A

オール電化の住宅ではIHクッキングヒーター・エコキュート・エアコンの消費電力が大部分を占めます。これらは200V機器になっています。そこで、災害時に本当に使える蓄電池を選ぶポイントとしては停電時でも「200V機器」が使えることが重要になります。当社の蓄電池は200V機器対応です。

太陽光発電の弱点を教えてください。

太陽光パネル A

意外かもしれませんが、太陽光発電の弱点は夏の暑さです。一般的なパネルでは真夏の暑さは太陽光の発電を著しく低下させます。当社の太陽光パネルはパークセルという最先端技術を利用して、発電の落ち込む夏場でもしっかりと発電できるパネル設計です。

愛知県では太陽光は設置したほうがいいですか?

ZEH住宅 A

おすすめをします。愛知県の年間日射量は全国的にもトップクラス。それらを考慮すると愛知県で太陽光発電を行うことは好条件といえます。私たちは一次消費エネルギーを収支ゼロにするという「ZEH」の考え方は通過点だと考えます。当社では昼も夜も電気を買わないことを目指したZEH以上の住宅を提供しています。

電気自動車(リーフ等)に乗っています。充電は自宅で出来ますか?

電気自動車 A

出来ます。2020年以降にはCO2を排出しないEV車が主流になります。それらに合わせて住宅もEVステーションにならなくてはいけません。当社では大容量の太陽光パネルが生み出す、あり余る発電量を使用して、電力会社から電気を買わずに太陽の光でEV車を充電できます。

健康編

子供や赤ちゃんも快適に暮らせますか?

手をつないだ親子 A

冷たい空気は下にたまります。大人が顔の高さで感じる体感温度と床をハイハイする赤ちゃんの感じる体感温度は全く違うということに私たちは注目しました。部屋の温度をむらなく一定に保つことで、家族みんなが快適に暮らせるような構造・設計です。また、家の中のほこりは床から30cmまでのところに溜まります。換気システムを床に設置して床の空気を吸うことで、ほこりを巻き上げずに綺麗な空気を保ちます。

ヒートショックが怖いです。対策はありますか?

ヒートショックに対応した部屋 A

当社の建築技術では、ヒートショックの原因である室内の温度ムラを無くし、快適温度を一定に保ちます。室内の温度を一定に保つことでヒートショックはもちろん、健康にもつながるというデータ(資料元:近畿大学・岩前研究室)も公表されています。具体的な対策としてZEH基準をクリアする断熱性能とトリプルガラスのオール樹脂サッシを採用することにより外部からの熱影響を受けにくくしています。

耐震編

最近地震が多くて不安です。地震対策はありますか?

地震に強い住宅 A

私たちは震度4以上の大きな揺れだけではなく、震度1~2程度の弱震が住宅に蓄積して与えるダメージを重要視しています。通常の制震ダンパーは、揺れが35㎜にならないと効かないものがほとんどです。私どもの住宅水準では3㎜の微弱な揺れから効きだすダンパーを標準化しています。

地震に強い家が欲しいです。

モノコック構造で組まれた木材 A

自動車や航空機などで使われるモノコック構造を住宅で採用しています。6面体を構造用合板と呼ばれる面材で構成することで、従来の木造在来工法よりも外からの力に強い構造です。

pagetop