Q&A よくある質問

住宅会社の選び方

失敗しない住宅会社の選び方とは?:設計力の高い地場工務店

POINT 1.  希望をかなえる自由設計

自分たちのライフスタイルに合わせた
家づくりをしようと思うと、
自由設計であることは必須条件となります。
でも完全に自由設計の家づくりができる会社は
意外と少ないことをご存知でしょうか?

①ハウスメーカーは莫大な広告宣伝費や
総合展示場の高い出店費用も一因となり、
建築費は7年連続で上昇しています。
建物を規格化することでコストを削減し、
実際には自由設計ではないことが多いのです。

②注文住宅と謳っている工務店でも、
企画住宅もあればセミオーダーもあるのが実情。
しっかり調べて、自由設計が可能な
工務店を選ぶのがおすすめです。

③自由設計であっても、一級・二級建築士と
「直接打ち合わせ」できない会社もあります。
例えばハウスメーカーには一級・二級建築士が
在籍していますが、契約後の打ち合わせから
参加するケースが多く、契約前の希望が
しっかり反映されるか分かりません。
工務店では契約前の面談から建築士が同席して
ヒアリングするケースが多いようです。

ユートピア建設の施工事例はこちら

POINT 2.  将来の性能基準を満たす家づくり

近い将来、ZEH基準が義務化されることは
ご存知でしょうか?
これから建築する家はZEH基準を満たすことは
最低条件で、さらに自分たちの暮らしにあった
性能を求めていきましょう!

①家の性能について勉強すればするほど
「高性能な家に住みたい」と思うのものです。
ただ当然のことながら求めすぎると
建築費用は高額になってしまいます。
自分たちの暮らしに必要性の低い性能に
こだわるあまり、立地を妥協したり
生活水準を落とすことは得策ではありません。
建築士に相談し、性能にも優先順位をつけ
バランスを考えることが大切です。

②近い将来、ZEH性能基準が
全ての住宅で義務化されます。
ZEH基準を満たしていると、住宅の資産価値を
示す指標BELSで4~5つ星の評価を
受けることができ、資産価値が高くなります。
ZEH基準が満たされていないと、
既存不適格住宅に住むことになってしまい、
売却する際の資産価値も下がってしまいます。

③将来の性能基準をしっかりと把握し、
その基準に沿った家づくりを提案してくれる
住宅会社を選ぶべき、ということになります。
そして将来の基準を見据えた家づくり
すすめていきましょう。

U-Smartの性能はこちら



POINT 3.  地元の気候風土に合わせた設計

必要な性能はライフスタイル以外に
その土地の気候や風土にもよって決まります。

①気候風土に合う設計ができると
熱効率が上がって光熱費も浮いて経済的。
パッシブデザインで地元の気候と風土を
活かした設計ができる建築士のいる会社
選びましょう。
パッシブハウスジャパンの賛助会員である
住宅会社リストも参考にしてください。

②土地探しは妥協も必要ですので、
希望条件と必要条件で整理をすることが大切。
自分たちに合った土地を見つけ、
一級・二級建築士に土地の形状を最大限
活かした設計をしてもらいましょう。

お客様の声はこちら

ユートピア建設はパッシブハウスジャパン賛助会員です

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来場予約

ユートピア建設では、大手ハウスメーカーと
同等以上の高性能住宅を
工務店価格で
実現するため日々努力を重ねています。
お気軽に、以下の予約フォームより
モデルハウスへご来場ください。
ご家族がいつまでも健康に、快適に過ごせる
家づくりのご相談をしっかりと承ります。

その他の質問を絞り込む
次へ 企業情報はこちら 無料
イベント一覧はこちら UTOPIA EVENT