Q&A よくある質問

住宅会社の選び方

失敗しない住宅会社の選び方とは?:安定経営と最先端の知識

POINT 1.  倒産リスクが少ない

住宅会社の倒産が年々増えていることは
ご存じでしょうか?
建築業の2019年の倒産は1444件でした。
全業種での倒産企業の平均年数は 23.7年となっています。

住宅会社の数は減少傾向が続いています。
大手企業や地元の良質な企業が残って
いますが、今後も減少する見通しです。

住宅会社が倒産すると
様々なリスクがあります。
・建築中に倒産してしまうと工事がストップ
してしまい、予定していた引越スケジュールが
大きくずれてしまう
・建築途中にストップしてしまった工事を
他の住宅会社に請け負ってもらったとしても、
当初の予算より高くついてしまう
・引渡後の倒産でも、契約時に保証されている
メンテナンス工事(数十万円~数百万円)は
実費で掛かってしまう

③倒産リスクを回避するには、
住宅会社の財務状況を見ることが大切です。
自己資本比率は会社の⾧期安全性を示し
数字が高い会社は堅実であるといえます。
ハウスメーカーを中心に上場企業は
公開していますが、非上場の住宅会社が
公開しているケースは少ないのが実情です。
非上場でもホームページなどで自己資本比率
などを率先して公開している住宅会社は
安心できるのではないでしょうか。

ユートピア建設の企業情報はこちら

ユートピア建設は創業30年!

POINT 2.  将来の性能基準を満たす家づくり

近い将来、ZEH基準が義務化されることは
ご存知でしょうか?
これから建築する家はZEH基準を満たすことは
最低条件で、さらに自分たちの暮らしにあった
性能を求めていきましょう!

①家の性能について勉強すればするほど
「高性能な家に住みたい」と思うのものです。
ただ当然のことながら求めすぎると
建築費用は高額になってしまいます。
自分たちの暮らしに必要性の低い性能に
こだわるあまり、立地を妥協したり
生活水準を落とすことは得策ではありません。
建築士に相談し、性能にも優先順位をつけ
バランスを考えることが大切です。

②近い将来、ZEH性能基準が
全ての住宅で義務化されます。
ZEH基準を満たしていると、住宅の資産価値を
示す指標BELSで4~5つ星の評価を
受けることができ、資産価値が高くなります。
ZEH基準が満たされていないと、
既存不適格住宅に住むことになってしまい、
売却する際の資産価値も下がってしまいます。

③将来の性能基準をしっかりと把握し、
その基準に沿った家づくりを提案してくれる
住宅会社を選ぶべき、ということになります。
そして将来の基準を見据えた家づくり
すすめていきましょう。

U-Smartの性能はこちら



POINT 3.  最先端の知識と技術を勉強している会社

他業種と同様、住宅業界でも日進月歩で
新しい技術が開発されています。
住宅業界の今後は、テクノロジーや
エネルギー活用が不可欠となる時代に。

①老舗工務店は大工さんの技術が
高いことが多いのですが、新しい技術を
取り入れている会社はそう多くはありません。
次世代テクノロジーの活用や
ニーズに合わせた住宅開発をしている会社
選ぶ必要があります。

②新しいテクノロジーを取り入れるためには、
常に学ぶ姿勢が必要です。
様々な住宅団体の会員リスト
見てみるのもひとつの手段だといえます。

ユートピア建設の企業情報はこちら

ユートピア建設はパッシブハウスジャパン賛助会員です

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来場予約

ユートピア建設では、大手ハウスメーカーと
同等以上の高性能住宅を
工務店価格で
実現するため日々努力を重ねています。
お気軽に、以下の予約フォームより
モデルハウスへご来場ください。
ご家族がいつまでも健康に、快適に過ごせる
家づくりのご相談をしっかりと承ります。

その他の質問を絞り込む
次へ 企業情報はこちら 無料
イベント一覧はこちら UTOPIA EVENT