NEWS & COLUMN ニュース&コラム

UTOPIAブログ 2020.05.04

リモートワークでわかった書斎の重要性とは

皆様こんにちは。

新型コロナウイルスの猛威が続き、外出も制限される中、
お仕事がリモートに切り替わった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

コロナウイルスとの戦いは長期化が予想されており、
緊急事態宣言の延長も決定しました💦

また、今後ウイルスが終息したとしても、
しばらくは感染症に対して敏感な状態は続くと考えられます。

移動をリスクと考え、家でできることは家でやろうという流れは
終息後もそのまま継続されるかと思います🏡🌱

そこで、今日はリモートワークの増加で注目されている
書斎や個室を持つメリットとプランニングのポイントを考えてみたいと思います!

書斎・個室を持つメリットとは?

●一人でリラックスできる。

●仕事や趣味に集中して取り組めて、作業途中で置いておける。

●作業をすぐに再開できるので、家事の合間などの短い時間を有効活用できる。

●仕事の資料やPCを、子供に触られない。

これだけでもとってもメリットが感じられます👌
特にお子様のいらっしゃるご家庭は
家族との共有スペースを使って仕事に集中する事はなかなか難しいですよね…

では、実際に検討する際にどの様な事を考える必要があるのでしょうか?

書斎・個室をプランニングする際に考えるべきポイントとは?

●どんな作業をするか、何を収納するかをしっかり想定する ❕
広さにはあまりこだわらなくても大丈夫です。
同じ畳数の部屋でも、真四角より長方形の方が、カウンターや本棚を設置しやすくなります。

●長く過ごすスペースから遠すぎない位置に設計する ❕
家で一番長く過ごすスペースから遠すぎると、行くのが面倒になり、利用頻度が減ってしまいます。
例えばママがよく使う書斎なら、ダイニングやキッチンに近いほうが、
家事の隙間時間に利用しやすくなりますよ!

●使用する時間を想定する ❕
小さめの窓を正面に配置する書斎もよく見られますが、時間帯によっては直射日光になってしまい、せっかくの景色が楽しめないかも。
窓をつける場合は、書斎を使う時間帯が昼間か夜間かということも、考えておきましょう!

いかがだったでしょうか?

実際にリモートワークをしている方の声を見ても
個室・作業机・椅子があって本当によかった💭
という声が多く見られました。

そんなに大きなスペースは必要ないので、家づくりの際に検討してみるのもいいですね✨

最後までお読み頂きありがとうございました。

ユートピア建設ではオンライン相談会をおこなっております!
おうち作りを考えている方へ、土地や資金のことから家の性能まで幅広く疑問にお応えします!

詳しくはこちらをクリック!

各種イベントもウイルス対策をしっかり行って開催中です!

詳しくはこちらをクリック!

 

一覧へ戻る